いまこの瞬間を大切に


by peugeotcc
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

<   2009年 07月 ( 22 )   > この月の画像一覧

ナノイオンスチーマー

ナショナルのナノイオンスチーマーを衝動買いしてしまいました。
エステに行くよりお手軽で、自宅でいつでもリラックスできるという触れ込みに惹かれました。早速使ってみましたが、朝起きて何となく潤っている感じがします。スチームを当てながらクレンジングをしたり、冷たいミストモードで肌をクールダウンしたり、アロマオイルを使ってリラックスしたりなど、様々な使い方ができそうです。
a0121941_1041654.jpg

どれだけ効果があるか分かりませんが、日々美しくいられるよう努力をしたいと思います。
[PR]
by peugeotcc | 2009-07-30 10:12

出雲旅行 前編

7月25日、大阪伊丹空港より旅客機としては最も小さい部類の飛行機で出雲へ旅立ちました。36人乗りのプロペラ機なのですが、機体に対してエンジンが大きいので、どの窓からでもプロペラか飛行機の羽がみえます。音がかなりうるさく揺れが気になりました。
a0121941_2141897.jpg

出雲空港からは市内までバスで20分程。宿泊先ちかくの出雲市駅は、出雲大社をモチーフにしているのか、きれいな形をしていました。
a0121941_21424239.jpg

夜7時くらいにホテルに到着、すぐに夕食を食べにでかけました。出かける前に調べておいたお店に運良く入ることができました。お店の中は大変オシャレです。
a0121941_2144029.jpg

色々なお酒と、面白いメニューがたくさんありました。禁酒中なので、アップルマンゴー炭酸とサバのお刺身を頂きました。
a0121941_21442726.jpg

出雲牛のレバーを注文。レバーの血液をぬいてごま油を注入してあり、さっぱりとしていて美味しくいただきました。その後は松坂牛より上といわれる出雲牛のステーキも注文しました。
a0121941_21593028.jpg

野菜のグリルとアンチョビソースです。ソースも美味しく付け合わせにパンもお願いしました。
a0121941_2148306.jpg

カウンターには稀少と言われているノワールドビゴール豚の生ハムが置いてありました。この豚はもともとイベリコ豚と起源が同じであり、現在は絶滅危惧種で食用として200頭分しか流通していないとのこと。スペインで食べたイベリコ豚の生ハムよりやわらかくとろけるような脂分と風味豊かな味わいを楽しみました。
a0121941_2213677.jpg

カウンターで隣に座っていた常連の2人づれに地元の話をいろいろと教えていただき、思いもかけず楽しい時間を過ごせました。お店のマスターは出雲の山奥から駅前に店舗を移して4年経ったとおっしゃっていましたが、鉄板焼きの腕前といい、メニューのオシャレさといい、本当に素晴らしいと思いました。
ホテルに帰る途中、駅の近くの公衆浴場 "ランプの湯”に立ち寄りましたが、竹やぶを眺める露天風呂とランプのほのかな灯りが情緒たっぷりの場所でした。夜に行くのがおすすめです。
お風呂で身を清めて、さあ次の日は出雲大社へ。

続きはまた明日。
[PR]
by peugeotcc | 2009-07-28 22:02 | 旅する

雲の上から

先週土曜日に静岡上空で撮った写真です。
積乱雲がモコモコと上の方にのびており、まるで蔵王の樹氷のようです。はるか彼方には遠州灘が見えました。ここから出雲まではずっと厚い雲に覆われていましたが、雨は降らず無事に到着致しました。
気象庁によると、梅雨前線と高気圧の間に湿舌と呼ばれる南海上からの湿った空気の流れが入り込み、対流活動が活発になっているとのことです。静岡県あたりまでがちょうどその対流活動がある場所なのでしょうね。

島根に着いてから、この大雨で甚大な被害が出ている山口県はすぐ隣だったということに気づきました。出雲地方はぐずついたお天気が続いているものの、気象による影響は出ていないとのことでした。

a0121941_22529.jpg


旅行の詳細は後日アップします。
[PR]
by peugeotcc | 2009-07-28 02:09 | 旅する

開運旅行

この週末は、夫婦別行動で開運旅行に出かけます。
主人は善光寺、私は出雲大社です。

最近、仕事や私生活で変化があり、心のモヤモヤを取り除きたいと思っていました。神社やお寺にお参りすることにより、生きるパワーをいただくような気がします。

出雲大社は”ご縁を作る神様”として知られています。
神無月に全国の神様が集まるといわれている場所です。
しっかりお参りして、出雲そばをいただいて帰ろうと思っています。
お天気に恵まれるといいのですが。
[PR]
by peugeotcc | 2009-07-25 09:25 | 食する

トマトの収穫

やっとトマトの実が赤くなりました。
我が家の畑には、○○さんちの甘いトマト、桃太郎、イタリアントマトをそれぞれ1本ずつ植えています。5月末に最初の花が咲いてからやっと収穫の時を迎えました。
キュウリは週に3〜5本くらいずつ採れており、ナスは今花盛りです。カボチャは大きい実が2つ付いているのですが、前回の反省をふまえてあと1週間くらい置いてから収穫しようと思っています。
a0121941_1473290.jpg

[PR]
by peugeotcc | 2009-07-24 14:07 | 育む

iPod

私にとって3代目になる新しいiPod nanoを購入しました。
最近のモデルはカラフルなbody colorを選ぶことができます。
今回は好きなオレンジ色を選択しました。

最初にiPodを買ったのは5年前のことです。
当時、iPod miniという現在は規格が無くなっているモデルを購入しました。それまではMDプレーヤーを使っていたのですが、iPodに買い替えたときに、パソコン上で曲の順番や種類を簡単にアレンジできることに驚きました。1Gの容量があったので、結構たくさんの曲を入れておくことができ、MDを編集したり交換する必要がなくなったのが良かったです。

その後、3年前にiPod nanoを購入しました。これは液晶画面がカラーになったこと、bodyが薄くなったにもかかわらず、4Gもの容量を持ち運べるようになりました。首から下げても重たくないし、運動や家事をするときにも携帯でき、毎日のようにお世話になりました。

このiPodであまり不自由はなかったのですが、だんだん欲が出てきてついに16Gのモデルを購入したくなりました。現在の機種は液晶画面はさらに大きくなり、縦や横に本体を動かしても自動的に位置を検出し画面がつねにきちんと見えるようにする機能が備わっています。実際自分がいつも聞いている曲をすべてあたらしい機種に入れてみたのですが、16Gだと余裕たっぷりのようです。

iPodはCDからだけでなく、iTune Storeでオンラインで購入した曲を編集したり、Podcastの番組を入れたり、写真を入れたりなど幅広い使用法があり、一度使うと手放せなくなります。新しいiPodの登場で、また日常の余暇の使い方に変化が現れそうです。
[PR]
by peugeotcc | 2009-07-22 22:16 | 思う

クラスメートの絆

火曜日は英会話教室の日です。
先日、パーティーに招待してくださったAさんから、ご丁寧にお礼状と写真を頂戴しました。

習い事は不思議な縁を作ります。Aさんは60代、Hさんは50代と私よりかなり上の世代の方々です。英語という言語の特性だと思うのですが、お互いをファーストネームで呼び合うため、年齢や職業、立場を超えておつきあいさせていただいている気がします。新しいことを学びたいという共通の意識が互いを結びつけ、そこからお互いを尊重し大切に思う気持ちが生まれていくのではと思っています。

若輩者の私をいつもクラスメートの一員として温かく迎えてくれるお二人、そして皆を飽きさせずに学ぶ気持ちを高めてくれる先生、毎週この時間に皆で集まることが、日常生活にどれだけの潤いを与えてくれているか計り知れません。

”See you next week!"と笑顔で別れ、また1週間後に新しい話題をお互いに提供し合う心地よさ・・・
いつまでも学ぶことを続けたいと思います。
[PR]
by peugeotcc | 2009-07-21 18:17 | 学ぶ

生誕100周年

先日、英会話のクラスメートのAさんに、”一昨年98才で亡くなった父の生誕100周年コンサートに来ませんか?”とお誘いを受け、同じクラスメートのHさんと共に会に出席してきました。

普通ならば3周忌ということで、親戚があつまり法事を行うのでしょうが、Aさんの場合は、お父様が音楽が好きであったこと、皆で集まり立食パーティとコンサートを開き、湿っぽくなく楽しい会にしたいと企画されたようです。

Aさんのお人柄か色々な人脈がおありの様で、ご親族以外にもたくさんの参加者がいらっしゃいました。会の始めには、お父様が生きていらした100年を日本と世界の歴史や情勢をふまえて作成されたビデオが放映されました。戦中、戦後を必死に生きてこられ、退職後は家族に囲まれてお幸せに過ごされたとのことです。80才を超えてから海外旅行に度々出かけられ、ドイツのライン川ではローレライを歌い、中国では万里の長城にのぼるなどご高齢になられても大変お元気だったそうです。亡くなる前の数年間はケアセンターや老人保健施設にお世話になりながらも、最期は自宅で皆に見送られたとのこと。

お父様の晩年は大変幸せで、世界最高水準の介護と医療のお世話になれたことを感謝していると、Aさんがお話されていたのが印象的でした。Aさんのお父様のように、最期を家族に看取られるのは理想ですが、現実はなかなか厳しいことも多いのではと思います。

コンサートは、サクソフォン、ピアノ、バイオリンの演奏があり、日本の歌から海外の歌まで幅広いジャンルのものを聞かせていただきました。そして会の最後には、お父様がお好きだったローレライを皆で合唱しました。

「生誕100周年、おめでとう」という挨拶で始まったパーティでしたが、ご親族だけでなく参加者全員が和やかに楽しめる企画だったと思います。本当に素晴らしい会でした。

a0121941_1991460.jpg

ふと見上げた夕空がとても美しく、コンサートの余韻にひたりながら帰宅しました。
[PR]
by peugeotcc | 2009-07-20 19:13 | 思う

温泉旅行

しばらく飛行機での旅行が続いていたので、この連休には車で温泉へ出かけました。”なんでこんな暑いときに温泉へ?”と最初はブツブツいっていた主人も、旅行が近くなると楽しみになってきたようです。今回は、山形の葉山温泉にある”はたごの心橋本屋”という旅館に泊まってきました。お部屋はリビングと寝室、檜風呂のついたちょっと贅沢なタイプを予約してみました。

旅館の至る所にお花が飾られており、女将さんのご趣味なのかウサギをモチーフにした小物類がたくさん見受けられました。
a0121941_22573044.jpg

部屋の壁の一部にこんな素敵な演出です。
a0121941_2257595.jpg

お風呂からは晴れていれば蔵王の山々が見渡せます。残念ながら連休初日はぐずついたお天気でした。

夕食はお食事所で頂きました。とにかく食べきれない程の量です。
a0121941_22594166.jpg

これはお造りの盛り合わせです。さすが山形、食材の宝庫です。名物の刺身こんにゃくや牛刺しなど少量ずつきれいに盛りつけられています。中央は箸休めの山形のおつけものです。
a0121941_23205865.jpg

お酒を飲まないので、山形県産ステーキと一緒にご飯を頂きました。はえぬきという種類のお米ですが、驚く程美味しい!温物は山形そば饅頭のあんかけ、手前には山形名物の”あけがらし”があり、ご飯との相性は抜群でした。
a0121941_23518.jpg

もうおなかいっぱいと思っていても、デザートは別腹です。

食後はDVDや本が置かれているお洒落なスペースでコーヒーを頂きました。
a0121941_2365292.jpg


朝食もまたボリュームたっぷりです。
a0121941_2372018.jpg

左側の棚にはお漬け物が置かれています。籠の中には様々な小鉢がならんでおり、珍しいものとしては、さくらんぼの漬け物(柴漬けといっていました)がありました。梅干しの様でちょっと甘い味がしましたが、ふつうのさくらんぼのほうが好きです(笑)。

a0121941_2393440.jpg

コラーゲンたっぷりのお鍋に地元のお豆腐をいれスープまでしっかりいただきました。塩味のみなのですが、舌にも身体にもやさしいお味でした。ご飯は朝食の時間に合わせて小さい釜で炊いてくださり、おこげもおいしかったです。また、料理長特製の焼きたて厚焼き卵が絶品でした。

VERY7月号にこの御宿の特集があったようです。期待を裏切らない素晴らしい旅館だったと思います。お土産にはあけがらしを買ってかえりました。もろきゅうにして食べたらよさそうです。
[PR]
by peugeotcc | 2009-07-19 23:22 | 旅する

生涯発達という考え方

先日、つくばウェルネスリサーチセンターの久野譜也氏の話を聞く機会がありました。
テーマは、「科学的根拠に基づく若返り法」で、非常に興味深い内容でしたので、紹介したいと思います。

高齢になっても地域で元気に暮らせること=社会貢献であり、健康維持に労力することは個人と社会の双方にとってもメリットであること、健康を維持するためには適切な運動を行うことが重要であるとのことでした。
運動を行うことで、高血圧や糖尿病のコントロールが可能となり、それにより心血管系の病気になる率が下がります。また、高齢者が寝たきりになる原因として転倒・骨折が大きな割合を占めますが、これも適切に筋肉を鍛えてバランスを保つことができれば回避可能です。

全身の筋肉量は年齢とともに少なくなっていきますが(例えば、20代を100%とすると40代で80%、60代で60%まで減少)筋肉量が少なくなると基礎代謝が落ちて内蔵脂肪がつきやすくなります。メタボリック症候群では内蔵脂肪が増加しますが、これを改善させるためには生活習慣の改善、つまり運動・食事・禁煙が大切とのことです。食事で減量するのは大変危険だそうです。例えば3ヶ月間の食事療法のみの減量は、5年分の筋肉量低下に匹敵し老化が進むとのことです。食事+有酸素運動だけでは筋肉量が維持できないので、ここに筋肉トレーニングを加えることが大切です。

では、どういう運動が有効なのでしょうか。
久野氏によると、大腰筋を鍛えるのが一番効果的とのことです。大腰筋は上半身と下半身をつなぐ筋肉で、身体の深部、背骨に近いところに存在します。この筋肉は歩行時に足を引き上げる動作を行うときに重要です。また太もも前面の筋肉を鍛えることも大切です。これらの筋肉を鍛えるには、スクワットが効果的とのこと。

適切な運動を行えば、90才を超えた方でも筋肉量は増加するとのことです。一般的に加齢により身体機能は下がりますが、知能や生活機能は高齢でも向上させることが可能です。この生涯発達という考え方を支えるのは、意欲と環境だそうです。

いつまでも美しく輝いていられるように、日々の努力が大切だと感じました。”健康な身体は一日にしてならず”ですね。
[PR]
by peugeotcc | 2009-07-18 02:06 | 思う