いまこの瞬間を大切に


by peugeotcc
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

<   2009年 11月 ( 3 )   > この月の画像一覧

This Is It

11月27日までの期間上映ということと、今日はレディースディで1000円で映画が観られることもあり、以前から気になっていたマイケルジャクソンの映画を観てきました。今年7月に行われるはずだったロンドン公演を前に、リハーサルのシーンを撮りためていたドキュメントフィルムです。

マイケルジャクソンは、この15年程は音楽の話よりも金銭がらみや児童虐待等の疑惑で常に世間を騒がせてきましたが、映画では彼の音楽に対する真摯な考えや情熱が強く伝わってきました。
彼は地球環境の破壊について大変心を痛めており、今しか地球を助けることが出来ないというメッセージを公演中に強く伝えようとしていたようです。
映画の中ではダンサーやミュージシャンたちが、マイケルと一緒に仕事ができることを誇りとし、共に素晴らしいステージを作り上げるために努力を惜しまない姿が映し出されていました。マイケルと同調して踊るためにハードなトレーニングを続けるダンサーたちは、本当に姿勢が良くしなやかな動きをしており、格好良かったです。彼の美しいハイボイスを聞くと、どのような状況でも、彼が純粋に音楽を愛していたのだと感じさせられました。しかし、ロンドン公演を成功させようと、薬に頼らなければならない程、心身ともに極限まで酷使してしまったのでしょうか。人の何倍ものエネルギーを使い、全力疾走するような人生だったのかもしれません。

映画が終わってからも席から離れず、ずっと泣いていた女性の姿が印象的でした。
[PR]
by peugeotcc | 2009-11-24 23:09 | 観る

名古屋にうまいもの?

9月の連休に名古屋に行ってきました。
目的は、伊勢神宮にお参りすることでしたが、不景気のせいなのか御利益を求める人々で大変混雑していました。おまけに宇治橋の架替えが行われており(11/ 3に開通式があったとのこと)仮の橋を渡ることになりました。20年に一度の工事にあたったのも何かのご縁なのでしょうか。
a0121941_19275423.jpg

五十鈴川を渡り、境内の河原でお清めをします。
a0121941_19284759.jpg

お参りするために階段で30分以上も待ちました。こんなにたくさんの人を見るのは久しぶりです。
a0121941_19294833.jpg

おかげ横町も大変な混雑ぶりで、すっかり人酔いしてしまいました。気を取り直して月読宮へ。ここは天照大神の弟君とご両親をお祭りしています。
a0121941_19311849.jpg

お社にたどり着くまですこし歩くのですが、ほとんど人がおらず気持ちよいお参りができました。
a0121941_19313157.jpg

さて本題へ移ります。
名古屋名物と言えば、天むす、エビフライ、手羽先、ういろう、ひつまぶしなどでしょうか。我が家では、みのもんたが司会をしている秘密の県民ショーを毎週みており、ご当地名物を食べに出かけるのを楽しみにしています。今回はコメダ珈琲のシロノワール、矢場トンの味噌かつに期待して旅立ちました。
まずは名古屋セントレア空港で食べた矢場トンの味噌かつから。
a0121941_19375515.jpg

味噌だれでなかったら普通のトンカツです。やっぱり普通のとんかつソースの方が美味しい気がします。
次はコメダ珈琲のシロノワールです。これはクロワッサンのようなパンの中央にソフトクリームが乗っているものです。主人がどうしても食べたいと希望したので付き合ったのですが、微妙な味でした。普通サイズは15センチ径くらいありかなり迫力があります。食後のデザートならミニサイズで十分でしょう。
a0121941_19403780.jpg

ちょっと外している気がしたので、最後は基本に戻りひつまぶしを食べにいきました。ひつまぶしの発祥と言われる、あつた蓬莱件へ。熱田神宮近くに本店と分店、名古屋市内にもう1カ所支店があります。
a0121941_19415782.jpg

1杯目は普通に、2杯目は海苔とわさびを乗せて、3杯目は海苔とわさび、ネギを乗せてお茶をかけていただきますが、通常のうなぎの味つけよりはかなり濃いため、お茶漬けにしたときが一番美味しく感じました。

今回の旅行で思ったことは、ご当地名物に美味しいものはあまりないのかもということです。とにかくどこのお店に行っても混んでいて、あつた蓬莱軒では1時間以上待ってやっと席につくことができました。待ち疲れの旅行で、しばらく家でおとなしくした方がいいのかなあと反省してしまいました。
[PR]
by peugeotcc | 2009-11-24 19:45 | 食する

会津から裏磐梯へ

8月末に新車を購入し、やっとETCをつけることができたので、その後しばらく週末にドライブを楽しんでおりました。今回は喜多方ラーメンを食べに会津方面へ足を伸ばしたときの写真を載せてみます。

喜多方ラーメンは太くて縮れた麺と醤油ベースのスープ、脂がたっぷりのチャーシューをたくさん乗せてあるのが特徴です。いくつか有名なお店があるのですが、最も名前の知られている坂内食堂に行ってみました。喜多方ではラーメン店は早朝から開いており、朝ご飯にラーメンというのは普通なのだそうです。9月の連休前の週だったので、それほど待たずにお店に入ることができました。いつでもたくさんの人で賑わっています。
a0121941_22453648.jpg

肉そばを注文、スープとチャーシューの相性は抜群です。麺は太いので好みが分かれるところでしょうか。
a0121941_2247359.jpg

お土産もしっかり購入してきました。
a0121941_2247228.jpg

喜多方から南下して会津若松市内へ。若松城を見に行ってきました。
a0121941_22481450.jpg

お城の近くには、福島県の重要文化財に指定されている茶室、麟閣がありました。千利休が秀吉の怒りに触れて切腹を命じられたとき、そのときの会津藩主であった蒲生氏が、利休の茶道が途絶えてしまうのを惜しんで、その子、少庵を会津にかくまったそうです。少庵が蒲生氏のために造ったのがこの茶室といわれています。建物は戊辰戦争時に城下へ移築されていたのですが、平成の初めに建造当初の地に移築・復元されたとのことです。庭には秋の花々がひっそりと咲いていて、大変風情のある場所でした。
a0121941_22544374.jpg

その後、裏磐梯の諸橋近代美術館へ行きました。ここはゼビオ株式会社の創立者が個人で収集した美術品と用地を財団に寄付し、1999年にオープンした建物です。裏磐梯の五色沼近くで、建物はまるで絵画のように美しいです。
a0121941_2332475.jpg

訪れたときには、ピカソの作品が初公開になっていたのと、サルバトール・ダリの常設展が開かれていました。ダリの作品は少々グロテスクなものが含まれており、理解するのが難しい美術品もたくさんありました。ダリは食に対するこだわりがかなり強かったらしく、彼が書いたといわれる料理のレシピ本も展示されていました。
a0121941_2334295.jpg

会津の山間ではソバの花がたくさん咲いており、初秋の風に吹かれて白い小さな花が揺れる景色は、妙に懐かしいような感じがしました。
a0121941_2353977.jpg

[PR]
by peugeotcc | 2009-11-18 23:13 | 旅する