いまこの瞬間を大切に


by peugeotcc
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

<   2010年 01月 ( 5 )   > この月の画像一覧

2012

今日はMOVIXデーで、格安で映画を観られるため、先週に引き続きレイトショーに行ってきました。

マヤ暦による2012年終末説を題材にした映画なのですが、最新のコンピューターグラフィックを駆使した迫力ある映像に驚きました。ストーリーは、同じ監督の作品であるインデペンデンスデイと比べるとちょっと物足りない内容の気がします。

古代マヤの人々は天体観測に優れ、非常に精密な暦を持っていたと言われています。マヤの長期暦は2012年の冬至付近で終わるとされ、この映画の中ではXdayが12/12に設定されています。人類滅亡のシナリオとしては、惑星直列がおこり太陽フレアの活動が活発になるために、地球の核が影響を受け、自然災害が起きることになっています。実際、専門家によると太陽の活動はここ数年で活発化しており、数年のうちにその影響で人工衛星や通信機器に重大な影響を及ぼす可能性があることも示唆されているようです。ノストラダムスの大予言のときに皆が大騒ぎをしましたが、2012年にも同じような現象が起こるのでしょうか?
[PR]
by peugeotcc | 2010-01-20 23:49 | 観る

AVATAR 3D

先日、レイトショーで今話題のアバターを観てきました。
タイタニックのキャメロン監督が12年ぶりに発表した、最新の映像技術を駆使した作品です。

元軍人で、下半身不随になり車いす生活を送る主人公が、衛星パンドラに降り立ちます。パンドラでは通常の人間は呼吸できないため、酸素マスク無しにはいられません。そのため、現地に適合した体を持つアバターを作成し、人間を同調させることにより、この衛星の研究活動がなされていました。アバターの研究者であった兄の代わりに、主人公がアバターと同調することになるのですが、彼はまだアバターを十分にコントロールできないうちに、衛星の奥深くに入り込んでしまいます。そこで野犬に似た生物に襲われあわやというところを、先住民ナヴィ族の王女に助けられます。彼はナヴィ族に仲間として迎えられ、彼らと生活を共にして行くうちに、助けてくれた王女と恋に落ちます。衛星パンドラの研究班には、純粋にナヴィ族の生態やその神秘に迫ることを目的とした一派と、彼らの聖地に眠る特別な鉱石を欲しがる軍隊勢力があり、やがて彼らは仲間同士で対立してしまいます。そのときに、ナヴィ族の心を理解するようになった主人公がどのような行動にでるのか、彼は人間とナヴィ族のどちらの立場でいるべきか真剣に悩むようになります。

3D画像の素晴らしさにはとにかく驚かされました。特殊な眼鏡をかけると、字幕が空中に浮いているような錯覚に陥ります。衛星パンドラの密林のシーンでは、木漏れ日や風に吹かれて舞う虫や葉の描写がリアルで、本当にびっくりしました。戦闘シーンでは、自分が飛行機を操縦しているような感覚になりました。
肝心の映画の内容に関しては、映画の構想自体が風の谷のナウシカに似ているように思いました。3時間近くに及ぶ大作でしたが、映画が終わって眼鏡を外した後で、体のバランスが取れずによろめいてしまいました。通常の映画より3D画像は疲れやすいようです。3D画像に関しては、専用テレビが売り出される予定があるなど、今後もますます注目されることだと思います。そういえばディズニーランドのアトラクション、3Dの元祖とも言えるキャプテンEOが今年期間限定で復活するみたいですよ。

今年は映画館で映画をたくさんみようと思っています。
[PR]
by peugeotcc | 2010-01-18 00:29 | 観る

初めての英会話教室

今日は、転校して初めての英会話教室に行ってきました。
2つレッスンを受けたのですが、今まで本当にクラスメートと先生に恵まれていたのだということを再確認してしまいました。
まず最初のレッスンでは、グループ3人のクラスだったのですが、ほかの2人の反応がすごく遅くて、先生も退屈そうにしていて二度とこのクラスはあり得ないという気になりました。もう一つのレッスンは、自由な会話をするレッスンで、今年の抱負についてお互い話し合うという内容でした。こちらの方は、留学経験のある若い方2人と、初老の男性1人との4人のレッスンでしたが、なんとこの年配の男性は、私が学生時代に教わったことのある教授だったのです!10数年ぶりにお会いして本当に驚きました。
新しい学校では、レッスンが終わった後でインターネットを通じて教師からのコメントを見ることが出来ます。一つ目のレッスンの教師からは以下のコメントでした。
good job thanks for coming. you seem pretty good at english. I thnk this class is good for you however there are sometimes slower students in it than you
やっぱり彼も退屈だったのですね(笑)

以前習っていた先生には、同じメンバーでレッスンをして頂く約束になっていますが、その他に個人的にwritingのレッスンを受けようと思っています。(以前も月に何度かみて頂いていたので)
今年こそは何とか英検準1級合格したいです!
[PR]
by peugeotcc | 2010-01-14 21:55 | 学ぶ

シャンパン

一番好きな飲み物は?と聞かれると、シャンパンと答えます。
グラスの底から湧き上がり、消えていく泡を見ていると、いろんな想いや考えが浮かんでは消え、そうしているうちに、悩みも疲れも泡とともに無くなるような気がしてきます。

初めてシャンパンを飲んだのは、10年ほど前のこと。シャンパンに惹かれ、フランスを訪れた際にシャンパーニュ地方まで足を運んだ事もあります。
ワインと違い、シャンパンは相場が決まっているし、テイストも外れる事はありません。最近は、小さな作り手の、あまり有名でないシャンパンを探して飲むのが楽しみの一つになっています。

写真は、年末に英会話の先生を交えて忘年会をしたときのものです。行きつけのバーで、素敵なグラスに注がれたシャンパンを頂きながら、様々な話をして楽しみました。
a0121941_2212547.jpg


来月から、以前のクラスメートと共に、この先生に英語を習い続けることができそうです。まずはひと安心です。
[PR]
by peugeotcc | 2010-01-12 22:02 | 食する

新春の京都

皆様、あけましておめでとうございます。
といっても、すでに10日をすぎてしまいましたが。
今年こそはマメにブログを更新していきたいと思います。

新年は京都で迎えました。
いつもだと海外に行く事が多いのですが、ここ数年、忙しい年末をやり過ごしてから長期間でかけると、仕事始めのときに体調を悪くする事が多かったので、今回は国内でのんびり過ごす事にしました。2泊3日の旅程で、大阪・京都に出かけました。大阪ではUSJに行ったのですが、海外から(おそらくアジアの国々)たくさんの旅行客と思われる方々がいて、大変混雑しており、折角入場したものの一つもアトラクションを楽しめずにホテルに帰らざるを得ませんでした。それはさておき、今回の目的は、京都で除夜の鐘を聞き、初詣に行く事だったのです。では順番にご紹介いたします。

まずは31日の午前中に大阪から阪急電車で京都へ移動しました。まずは晦庵河道屋で年越しそばをいただきました。
a0121941_20494235.jpg

鰊そばを頼んだのですが、ソバの下にニシンの半身が隠れています。
a0121941_20502674.jpg

うすい出汁と少し太めのおそばで、これが京風なのという感じでした。そばはやっぱり山形の方が美味しいみたいです。

すこしおなかがふくれたところで、新京極へ。
アーケードの中にある蛸薬師さんでは、大根煮が振る舞われていました。良く味のしみた厚切りの大根と油揚げがとても美味しかったです。お社には大根がお供えしてありました。参拝客が書き込んだノートを見ましたが、不景気で職を失ったり、つらい思いをされている方が、来年こそはよい年にと切に希望する気持ちが綴られていました。心のよりどころを求めて参拝にきた方々が、振る舞われた大根煮で身も心も温かく、すこしでも幸せな気分になれたらと願いました。
a0121941_20555062.jpg

a0121941_20561438.jpg


少し歩いて錦市場へ。年末最後の日に、おせち料理の材料を買い求める方々で大変賑わっていました。縁起物の鯛の塩焼きが売られていて、ハレの日を迎える感じがしました。
a0121941_20574614.jpg


ホテルで少し休んだ後は、今回のメインイベントである知恩院の除夜の鐘に向かいました。
満月の下で輝く山門は神々しい感じがしました。
a0121941_20593280.jpg

夜の10時過ぎに並び始めたのですが、すでに長蛇の列でした。鐘堂まで山道を登るのですが、一度に見学できるのが300人までと制限されていて、5分ごとの交代制となっていました。待つ事30分ほど、お目当ての鐘付きを間近にみる事ができました。NHKのゆく年来る年でしか見た事がなかったので、大変感激いたしました。
a0121941_2125629.jpg

数人のお坊さん達が、鐘付きの棒に結びつけられた縄を引きながら、念仏のようなものを唱えます。”そーれ”の合図で、棒の先端付近にいるお坊さんが、逆さ吊りの格好で体重をかけながら鐘を撞きます。厳かな音が山全体に響き渡り、身の汚れが浄化されるような感じがしました。

翌日は初詣に出かけました。今回どうしても行きたかったのが嵯峨野の野宮神社です。嵐山駅から竹林を通り、目的地へ。普段は静かな場所なのですが、初詣の方々で大変混雑していました。
a0121941_219438.jpg

境内にはいくつかの神様が祭られているのですが、私のお目当ては白福稲荷大明神です。子宝・安産の神として知られ、雅子様や紀子様もお参りされたとの事。はやく我が家にもコウノトリが赤ちゃんをはこんできてくれないかなと思います。

四条にもどり、八坂神社へ。大変な人ごみでした。京都での初詣では常に人気の場所らしいです。
a0121941_21151384.jpg

最後にもう一カ所、下鴨神社にも行ってきました。ここも大変混雑していました。君が代の歌詞にある、さざれ石をみました。そして干支の書かれた大きな絵馬をみましたが、人が多すぎて肝心のお社には入れませんでした。もっと暖かい時にじっくり訪れたいと思いました。
a0121941_2118363.jpg

a0121941_21184778.jpg


今年一年、健康で幸せに暮らせたらいいなと思います。
[PR]
by peugeotcc | 2010-01-12 21:22 | 旅する